コインランドリー情報誌 ランドリービジネスマガジン LBM

国内唯一無二のコインランドリービジネス情報誌




SPACER × 全ドラ:月額9800円で最新ロッカーをレンタル、3か月分無料の年末キャンペーン

【これは姉妹紙のクリーニング向け業界新聞『全ドラ』12月1日号に掲載された記事です。店舗にロッカーの設置をご検討中の方に向け、年内限定の記事として公開いたします】


閉店時間を1時間前倒しすればレンタル代に

f:id:murakamihjm:20191202114627p:plain
写真:SPACERは1台6ボックスで、外形寸法は幅500×奥行き600×高さ1800ミリ


 東京や神奈川の最低賃金は、ついに1000円を突破。全国平均も900円超となったが、少子高齢化が進む日本では様々な業界で人手不足が深刻化しているため、最低賃金での募集では「1件の問い合わせもない」というケースも珍しくない。しかし、クリーニング店で新たに定休日を設けたり営業時間を短縮するなどの利便性の低下は、〝客離れ〟につながりかねない。そこで今、脚光を浴びているのがロッカーだ。

 全ドラでは既報の通り、㈱SPACER(スペースアール、東京都港区)のスマホでドアの開け閉めができる、24時間受け渡しが可能なIoTロッカー「SPACER」をクリーニング・コインランドリー業界に広げるべく、営業支援の分野に関して同社と業務提携しているが、このロッカーを気軽に導入できる特別レンタルプランを「年末キャンペーン」として実施することになった。

 これは、月額9800円(税別)という特別価格でロッカーを貸し出し、しかも当初の3か月は「0円(無料)」でOK! というもの。


2つの条件とは

 ただし、条件が2つあり、年内に申し込むことと、レンタル期間は最短でも24か月となること。3か月の無料期間と合わせると、27か月は利用してもらう必要がある。以降はいつでも解約可能となるほか、レンタル期間の延長も可能(月額費用はそのまま)。また、「買い取りたい」との要望があれば、相談に応じる。

 このロッカーは、一部のクリーニング店やコインランドリーを含め、全国で100か所、600ボックス以上を設置・展開する実績を持つもの。クリーニングでは受け渡しの両方で使用できるが、受け渡しのどちらかで、店内にて決済を行う必要がある。

 1台6ボックスで、外形寸法は幅500×奥行き600×高さ1800ミリ。庫内有効寸法は幅410×奥行き570×高さ241ミリ。防雨仕様なので屋外への設置もOK(電源は100V)。開け閉めにはスマホを活用するので、URLで鍵の共有が行える。設置費や保険、メンテナンス費用も月額のレンタル価格に含まれており、システム使用料等も不要。レンタル費用のほかは、わずかな電気代だけで最新のロッカーを自店に導入することができる。

f:id:murakamihjm:20191202120045p:plain
写真:防雨仕様なので屋外での設置も行える

f:id:murakamihjm:20191202120136p:plain
写真:URLがカギになるので、急な予定変更があった際も家族などに引き取りを頼みやすい


 例えば、現在の閉店時間である20時を1時間前倒して19時閉店にする場合、時給1100円×25日(1か月の営業日数)=2万7500円の削減となり、レンタル費用は十分まかなえることになる。

 また、有人の場合、家族の病気などを理由に急なシフト変更を強いられることもあるだろうが、機械なら安心。「人手不足・人件費高騰・働き方改革」は経営者にとって頭の痛い問題だが、機械に任せられるところは機械に――が世の中の流れ。このお得な「年末キャンペーン」をぜひご活用ください。

※ロッカーの詳細や問い合わせは、こちら



f:id:murakamihjm:20191202120757p:plain



LBM 読者登録 お済みですか? 

www.lb-mag.com


ランドリービジネスマガジン(LBM)は、どなたでも無料でお読みいただけるフリー雑誌ですが
読者登録 いただきますと、毎号発刊時・サイト更新時にメールにてご連絡させていただきます。
お読み忘れの無いように!ぜひご登録ください。

f:id:murakamihjm:20171120172128j:plain